正しい網戸掃除のやり方

掃除機の吸引力を高めよう

まだあまり汚れていない状態であれば、網戸に掃除機を当てて掃除できます。
その際は網戸を外す必要がないので、楽に掃除が終わります
しかし直接掃除機を当てても、空気が逃げてしまうので吸引力が低下します。
掃除の時間が長引いてしまうので、新聞紙を使ってください。
掃除したい面の裏側に新聞紙を貼り付けて、表から掃除機を当てましょう。

すると新聞紙が空気を閉じ込めてくれるので、吸引力の低下を防げます。
表の掃除が終わったら、同じように裏側も掃除してください。
片手で掃除機を持って、片手で新聞紙を持つのは大変です。
セロハンテープを使って、新聞紙を事前に張り付けた方が良いでしょう。
慣れたら、両手をうまく使って掃除しても良いと思います。

網戸を傷つけないために

力を入れて掃除機を網戸に当てると、網戸が傷ついたり壊れたりしてしまいます。
早く掃除を終わらせたいと、焦ると余計な力が入るのでゆっくり掃除してください。
焦らなくても、正しい方法を使うと早く掃除が終わります。
網戸が壊れたら、素人では修復できません。
業者に依頼したり、新しい網戸を買わなければいけないかもしれません。

無駄な費用が発生するので、網戸は丁寧に掃除することを心がけましょう。
張り付ける新聞紙は、1枚で十分です。
新聞紙をまとめて処分する家庭が多いと思いますが、その前に網戸の掃除を終わらせておきましょう。
夏に網戸を使用するので、その前に汚れを取ってください。
暑くなったらすぐ使える準備を済ませましょう。


この記事をシェアする